潰瘍性大腸炎と豆乳

潰瘍性大腸炎になって豆乳生活に変えた。飲み続けてみた体験談

潰瘍性大腸炎と豆乳

こんにちは、潰瘍性大腸炎歴10年越えのてつやです。

今回は潰瘍性大腸炎になったから飲み続けている豆乳についてお話します。

豆乳を飲み物の中でも相性がよく、わたしは好んで飲んでいます。

潰瘍性大腸炎になる前は豆乳を飲む習慣がなかった

わたしは潰瘍性大腸炎になる前、牛乳を毎日飲んでいました。

家でも毎朝牛乳を飲んでいましたし、学校の給食でも牛乳がでていたからです。

牛乳じゃんけんにも参加し、欠席者の分も飲むことが多かったです。

学生のときは水分補給替わりに牛乳を飲む感じでした。

お茶やスポーツドリンク、ジュースなどよりも飲む頻度は高かったです。

子供のころは豆乳を飲む習慣は全くありませんでした。

【関連書籍】野崎洋光のだし革命 トマトジュースと豆乳で和食がつくれる!

潰瘍性大腸炎の私が豆乳中心に変えた理由

潰瘍性大腸炎になったことで食生活を見直したことがきっかけで、豆乳を取り入れるようになります。

潰瘍性大腸炎になったときは牛乳中心の生活だったので、それを一度替えてみようと考えました。

わたしが学生だった当時は牛乳や低脂肪乳が安く、豆乳は少し高かった印象があります。

豆乳中心の生活にするのは少しコストがかかりました。

豆乳はわたしに合っていたようで、現在は牛乳を辞めて豆乳をメインに飲んでいます。

【関連書籍】豆乳レシピ(主婦と生活社)

豆乳を飲むようになって変わったこと

牛乳から豆乳に替えたことで特に大きな変化はありませんが、豆乳でおなかを壊したことはありません。

わたしは炭酸飲料やスポーツドリンク、お酒やコーヒーなどでおなかを壊すことがあるので、それらに比べて体質には合っているのでしょう。

本来は牛乳を使う料理にも豆乳を使うことにしており、割といい感じです。

最初は加糖されている豆乳を飲むことが多かったですが、今では無糖の豆乳を飲んでも苦になりません。

豆本来の味を楽しむことができるようになっています。

砂糖が多い清涼飲料水を飲む代わりに、無糖の豆乳を飲むのは健康にもよさそうです。

【関連書籍】血管がぐんぐん若返る!!豆乳オリーブオイル(集英社インターナショナル)

今飲んでいる豆乳

わたしが今メインで飲んでいるのは、マルサンの無調整豆乳です。

こちらの商品は値段も手ごろで、大豆本来の味を楽しむことができます。

Amazonでは1本(1000ml)あたり189円で販売されていました。

台湾では豆乳が朝食として出てきますし、スイーツにも使われています。

これから日本でも豆乳ブームが来るかもしれませんね。